2007年02月12日

X-MEN 3 ファイナル・ディシジョン

X-MEN 3 ファイナル・ディシジョン


楽しく見ることができました。
ストーリー自体は見え見えですが、あっという間に時間が過ぎ去っていきました。

「ミュータント」の恐怖はあまり感じませんでした。
「なぜ、ミュータントを人間に戻す必要があったのか?」
知る必要はないのかもしれませんが・・・。

シリーズ最終章ということですが、続編はあるのでしょうか?




プロフェッサーXの右腕だったジーンの死により、いまだその動揺から立ち直れずにいるX-MEN。そんな中、“ミュータントは病だ”と主張する天才科学者によって、ミュータントの能力を消去し普通の人間にすることのできる新薬・キュアが開発される。「ミュータントのまま生きるか、それとも人間になるか」という究極の選択に、ミュータント社会は大きく揺れる。「X-MEN」シリーズ最終章!

個人的な評価 ★★★★☆
<私の評価基準>
 ★★★★★(絶対お薦めです!家宝となるでしょう)
 ★★★★☆(レンタルしましょう。素晴らしい内容です)
 ★★★☆☆(見ておいて損はありません)
 ★★☆☆☆(時間とお金に余裕があればぜひ)
 ★☆☆☆☆(人によっては価値を見い出すかもしれません)
 ☆☆☆☆☆(こういうお勧めできない映画は掲載しません)










posted by ヒロ at 18:25| Comment(36) | TrackBack(4) | 評価★★★★☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月28日

ダ・ヴィンチ・コード

映画公開時には「期待はずれ」、「難解」、「原作に忠実じゃない」、「面白くない」などの批評を受けましたが、個人的には面白く見ることができました。

原作を読んではいませんでしたが、「謎解き」は非常に面白く描写されています。

ただ、結末が読めてしまっているにもかかわらず、だらだらとした展開が残念です。

「宗教」を題材に扱うことは非常にリスクが多いのではないかと思いますが、
批判を恐れずに映画化したことは大変立派だと思います。

この映画をきっかけにキリスト教について調べてみようと思った人が多いのでは。




ダ・ヴィンチ・コード

ルーヴル美術館での殺人事件を発端に、レオナルド・ダ・ヴィンチの名画に隠された暗号を解き明かし、事件の裏に秘められたキリスト教をめぐる人類史上最大の秘密に迫るダン・ブラウンの同名世界的ベストセラーを映画化した話題のミステリー大作。ある日、ルーヴル美術館で館長のジャック・ソニエールが殺害される事件が起こる。遺体は奇妙な体勢で横たわり、周囲には不可解な暗号らしきものが記されていた…。

個人的な評価 ★★★☆☆
<私の評価基準>
 ★★★★★(絶対お薦めです!家宝となるでしょう)
 ★★★★☆(レンタルしましょう。素晴らしい内容です)
 ★★★☆☆(見ておいて損はありません)
 ★★☆☆☆(時間とお金に余裕があればぜひ)
 ★☆☆☆☆(人によっては価値を見い出すかもしれません)
 ☆☆☆☆☆(こういうお勧めできない映画は掲載しません)





[タイトル] ダ・ヴィンチ・コード デラックス・コレクターズ・エディション
[出演] トム・ハンクス
[レーベル] ソニー・ピクチャ..



[タイトル] キリストとテンプル騎士団―スコットランドから見たダ・ヴィンチ・コードの世界
[著者] エハン デラヴィ
[種類] 単行..




posted by ヒロ at 22:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 評価★★★☆☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月27日

TRICK トリック -劇場版2-

絶好調の仲間由紀恵さん主演でおなじみの映画です。
ストーリーを気にする人には向かないかもしれませんが、
あちこちに笑うポイントがちりばめられていて面白く見ることができました。

TRICK トリック -劇場版2-




自称・売れっ子奇術師の山田奈緒子と、石頭の物理学教授・上田次郎のコンビが、怪しげな超常現象の謎を解き明かすミステリー『トリック』の劇場版第2弾!ある日、上田の研究室を訪れた青沼という青年。彼の依頼で上田は、10年前に連れ去られた彼の幼馴染みを救出しようと、奈緒子を巻き込んで筐神島へと乗り込むが…。

個人的な評価 ★★★☆☆
<私の評価基準>
 ★★★★★(絶対お薦めです!家宝となるでしょう)
 ★★★★☆(レンタルしましょう。素晴らしい内容です)
 ★★★☆☆(見ておいて損はありません)
 ★★☆☆☆(時間とお金に余裕があればぜひ)
 ★☆☆☆☆(人によっては価値を見い出すかもしれません)
 ☆☆☆☆☆(こういうお勧めできない映画は掲載しません)





[タイトル] TRICK(トリック) 劇場版2
[著者] 堤 幸彦蒔田 光治
[種類] 単行本
[発売日] 2006-06
[出版社] 角川書店

posted by ヒロ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 評価★★★☆☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月21日

ファンタスティック・フォー

人気コミック作家、スタン・リーの原作を実写映画化したSFアクション。
全体的にはおもしろかった。

しかし、バットマンのほうがまだ上という感じを受けた。
続きもありそうな終わり方。もし、次回作があるとすれば、もっと派手にしてもらいたいな〜と思いました。

[タイトル] ファンタスティック・フォー[超能力ユニット] [ベストヒット50]
[出演] ヨアン・グリフィズ
[レーベル] 20世紀フォッ..


アメリカの同名コミックを実写映画化。宇宙の放射線を浴び特殊な能力を身につけた4人の男女がその超能力を駆使して悪漢に立ち向かう姿を描いたSFヒーロー・アクション。監督は『TAXINY』のティム・ストーリー。出演は『キング・アーサー』のヨアン・グリフィスと『シン・シティ』のジェシカ・アルバ。【ストーリー】人類の進化と宇宙嵐の関係を研究している若き天才科学者リード。彼はその謎を解明するため、元恋人の女性科学者スーらとともに、スーの現在の恋人である実業家ビクターの援助を受けて宇宙実験を実施することに。だが、宇宙空間での実験の最中、彼らは突然やってきた宇宙嵐の強烈な放射線に晒される事故に遭遇。なんとか無事に地球に生還できたものの、それは彼らのDNAに変化をもたらし、間もなくそれぞれ独特の超能力を身につけてしまったことが判明する。一方ビクターは、実験の失敗で喪失感と怒りを募らせ、次第に邪悪なパワーを帯びていく。やがて、リードたち4人は“ファンタスティック・フォー”として、暴走するビクターとの壮絶な闘いを繰り広げていくことになるが…。

個人的な評価 ★★★☆☆
<私の評価基準>
 ★★★★★(絶対お薦めです!家宝となるでしょう)
 ★★★★☆(レンタルしましょう。素晴らしい内容です)
 ★★★☆☆(見ておいて損はありません)
 ★★☆☆☆(時間とお金に余裕があればぜひ)
 ★☆☆☆☆(人によっては価値を見い出すかもしれません)
 ☆☆☆☆☆(こういうお勧めできない映画は掲載しません)



posted by ヒロ at 20:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 評価★★★☆☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月15日

フォーガットン

フォーガットン


うーん。途中まではストーリ展開、テンポが非常に良くすごく楽しめたのですが、後半からは急にB級作品になったという感じです。

突然の出来事に目が覚めるような場面もあったのですが・・・。

「保安局の人たちは結局何者?」
「実験て何?」
「ラストシーンこれはこれでハッピーエンドなのか?」

全く意味不明です。

サスペンスなのかホラーなのかSFなのか、ちょっと分類が難しいところです。

本当に途中まではいい作品です。




[出演] ジュリアン・ムーア
[レーベル] ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
[監督] ジョセフ・ルーベン
[ストーリー]愛する息子サムを失って14ヶ月。テリーの心の傷は癒えず、精神科医マンスの治療を受けている。だが、ある日、写真やビデオテープの中から息子の姿だけが消えていく。驚愕するテリーに夫ジムは「私たちには子供はいなかった」と言い切り、マンスは「死産を受け入れずに見た幻覚」と説明する。子供と過ごした記憶は偽物なのか…?劇場公開バージョンとは異なるエンディングや、未公開シーンなども収録!!

個人的な評価 ★★☆☆☆
<私の評価基準>
 ★★★★★(絶対お薦めです!家宝となるでしょう)
 ★★★★☆(レンタルしましょう。素晴らしい内容です)
 ★★★☆☆(見ておいて損はありません)
 ★★☆☆☆(時間とお金に余裕があればぜひ)
 ★☆☆☆☆(人によっては価値を見い出すかもしれません)
 ☆☆☆☆☆(こういうお勧めできない映画は掲載しません)












posted by ヒロ at 02:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 評価★★☆☆☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月14日

レディ・ジョーカー

レディ・ジョーカー


キャストはものすごいのにストーリーが難解すぎたかな。
最後まで全く意味がわからず、途中で眠くなってきてしまった。
かなり期待はずれ。

テレビの2時間ドラマのほうがよっぽど見所があったような・・・。
非常に残念な1作です。





ストーリー:脅迫状が投函された。「社長ヲ預カッタ。5億出セ。レディ・ジョーカー」国内最大手のビール会社社長を誘拐したのは、<レディ・ジョーカー>と名乗る犯人。

個人的な評価 ★★☆☆☆
<私の評価基準>
 ★★★★★(絶対お薦めです!家宝となるでしょう)
 ★★★★☆(レンタルしましょう。素晴らしい内容です)
 ★★★☆☆(見ておいて損はありません)
 ★★☆☆☆(時間とお金に余裕があればぜひ)
 ★☆☆☆☆(人によっては価値を見い出すかもしれません)
 ☆☆☆☆☆(こういうお勧めできない映画は掲載しません)





原作はこちら






posted by ヒロ at 20:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 評価★★☆☆☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月08日

DAGON

ブログの記事を複数のPINGサイトへ一斉配信: Pingoo!


DAGON
ただ町を走り回るだけのストーリー。
ホラー映画ながら、ビックリするような残酷な描写も無い。
しかし、「何かハプニングが起こるのではないか」と最後まで見続けてしまった。
最後はハッピーエンド?
よくわからないラストシーンでした。




製作年: 2001年
製作国: スペイン
収録時間: 95分
出演者: フランシスコ・ラバル エズラ・ゴッデン ラクエル・メロノ
監督: スチュアート・ゴードン
製作: ----
脚本: デニス・パオリ
詳細: 原作:H.P.ラヴクラフト
字幕: 字幕入り
音声: ドルビーデジタル/オリジナル/英/日本語吹替/ステレオ

20世紀を代表するホラー作家・H.P.ラヴクラフト原作のモンスターパニックホラー。ITビジネスで成功したエリート・ポールは、ヨット遊びの最中に嵐に遭い沿岸の漁村へと流れ着いた。村は海の邪神を崇めており、住民はポールたちを生贄に奉げようとする。

個人的な評価 ★★☆☆☆
<私の評価基準>
 ★★★★★(絶対お薦めです!家宝となるでしょう)
 ★★★★☆(レンタルしましょう。素晴らしい内容です)
 ★★★☆☆(見ておいて損はありません)
 ★★☆☆☆(時間とお金に余裕があればぜひ)
 ★☆☆☆☆(人によっては価値を見い出すかもしれません)
 ☆☆☆☆☆(こういうお勧めできない映画は掲載しません)



posted by ヒロ at 01:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 評価★★☆☆☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月03日

クライシス・オブ・アメリカ

緊迫感がなくだらだらとした展開のストーリーが残念。
ただ、母親が力を持ちすぎると何をしだすかわからないという点では、
うなずける内容でした。

「洗脳」がひとつのキーワードですが、頭にチップを埋め込み操作する。
現実にこういうことが起きてしまう可能性があるのでしょうね。

この映画のデンゼル・ワシントンよりもマイ・ボディガードのデンゼル・ワシントンのほうがかっこよかった。
デンゼル・ワシントンファンにはちょっと物足りないかも・・・。




クライシス・オブ・アメリカ


『マイ・ボディガード』のデンゼル・ワシントン、『めぐりあう時間たち』のメリル・ストリープ共演による社会派サスペンス。洗脳した男を使い世界征服を目論む巨大企業と、その陰謀に気づき真相の究明に乗り出したひとりの将校の攻防を描く。

個人的な評価 ★★★☆☆
<私の評価基準>
 ★★★★★(絶対お薦めです!家宝となるでしょう)
 ★★★★☆(レンタルしましょう。素晴らしい内容です)
 ★★★☆☆(見ておいて損はありません)
 ★★☆☆☆(時間とお金に余裕があればぜひ)
 ★☆☆☆☆(人によっては価値を見い出すかもしれません)
 ☆☆☆☆☆(こういうお勧めできない映画は掲載しません)
posted by ヒロ at 14:38| Comment(0) | TrackBack(1) | 評価★★★☆☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月08日

愛についてのキンゼイ・レポート

ストーリーは感動とまではいかないが、
まじめに性について研究した人はこのキンゼイさんだけなのか?
それにしてもモザイクなしで性器が見れてしまうので、ちょっとびっくり。





誰も聞けなかった他人の性体験をまとめた衝撃の「キンゼイ・レポート」を通じて、主人公キンゼイの研究への情熱や、夫婦愛の軌跡を感動的に描いた人間ドラマ。キンゼイ博士は、人間の性の研究に着手。そのレポートが全米に一大センセーションを巻き起こす。しかし、その衝撃的な内容から激しいバッシングにより事態が暗転する…。

個人的な評価 ★★★☆☆
<私の評価基準>
 ★★★★★(絶対お薦めです!家宝となるでしょう)
 ★★★★☆(レンタルしましょう。素晴らしい内容です)
 ★★★☆☆(見ておいて損はありません)
 ★★☆☆☆(時間とお金に余裕があればぜひ)
 ★☆☆☆☆(人によっては価値を見い出すかもしれません)
 ☆☆☆☆☆(こういうお勧めできない映画は掲載しません)



posted by ヒロ at 18:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 評価★★★☆☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月07日

イントゥ・ザ・ブルー

映像はとってもきれいなのだけれども、ちょっとインパクトが弱かったな。
ストーリーもどこにでもありそうな内容で、先が読めてしまったことが残念。
それでも緊迫感があって最後までは退屈せずに見ることができました。




製作年: 2005年
製作国: アメリカ
収録時間: 110分
出演者: ポール・ウォーカー ジェシカ・アルバ スコット・カーン ジョシュ・ブローリン アシュレイ・スコット
監督: ジョン・ストックウェル
製作: デイビッド・A・ゼロン
脚本: マット・ジョンソン
詳細: ----
字幕: 字幕入り/英語字幕
音声: 5.1サラウンド/日本語吹替/ドルビーデジタル/オリジナル/英
シリーズ: ----
ジャンル: アクション サスペンス アドベンチャー
ストーリー:嵐の翌日、ダイバーのジャレッドは、財宝を積んでいると噂される“伝説の沈没船”を見つける。ジャレッドは恋人のサムらとともに船を引き上げようとするが、同時に墜落した麻薬密輸機も発見し…

個人的な評価 ★★★☆☆
<私の評価基準>
 ★★★★★(絶対お薦めです!家宝となるでしょう)
 ★★★★☆(レンタルしましょう。素晴らしい内容です)
 ★★★☆☆(見ておいて損はありません)
 ★★☆☆☆(時間とお金に余裕があればぜひ)
 ★☆☆☆☆(人によっては価値を見い出すかもしれません)
 ☆☆☆☆☆(こういうお勧めできない映画は掲載しません)
posted by ヒロ at 21:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 評価★★★☆☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
アクセス解析

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。